【大阪市】一棟オフィスビル・空きビル売却を業者に相談!大阪市・エリア別のオフィスビル動向

大阪市ではオフィスビルの空きが減少しており、一棟オフィスビルなどのニーズが高まっている状態です。大阪市で空きビルを所有している方にとっては、まさに売り時といえるでしょう。こちらでは、大阪市の空きビルの動向、エリア別のオフィス市場動向についてご紹介します。

大阪市の空きビルの動向について

電卓を打ちながらメモを取る

大阪市のオフィス市場は近年、まとまった空室が確保できないという状況が続いています。2019年12月時点で空室率は2.6%(三幸エステート調査)であり、過去査定基準を更新しています。

つまり、大阪市のオフィスは増加している傾向にあるのです。特に大規模ビルの空室率が急速に改善しており、2019年12月時点では1.2%にまで減少しています。

しかし問題なのが、新規供給が限られる中、築年数が古いビルは老朽化による影響で利用できなくなっており、賃貸可能面積が減少している点です。このままでは需要と供給のバランスが崩れてしまい、大阪市でオフィスが借りられない企業も出てしまうおそれがあるでしょう。

オフィスビルの需要が増えていることで、不動産投資でオフィスビルを購入する投資家や業者が増えています。現在は使っていない一棟オフィスビル、古くて積極的に貸していない空きビルなどは、思い切って売却することも一つの選択です。

大阪市にあるReliableでは、一棟オフィスビルの売却サポートに取り組んでおります。大阪市で空きビルを所有している、一棟オフィスビルを業者に売却したいとお考えの際は、お気軽にご相談ください。大阪市での一棟オフィスビルや空きビルの売却がスムーズに行えるよう、⑥内容を精査して適切な方法をご提案させていただきます。

エリア別のオフィス市場動向

ビルの背景とサラリーマン

大阪市の中で空室率の低下が見られるエリアは梅田です。なんと空室率は0.1%となっており、ほとんどのオフィスビルが満室であることがわかります。

また、堂島・淀屋橋・本町などの地域でも空室率は1%未満で、かなりのオフィスが集結しているといえます。好立地で築浅のビルの空室情報が出回ると、既存テナントの解約通知が出る前の段階で、複数の企業による取り合いになるのが現状です。

これほど供給率が下がっている原因は、先述したように賃貸可能面積が減少しているためです。空室率が低下している梅田や淀屋橋、本町、新大阪で賃貸可能面積の減少が進み、より競争が増す要因になっています。大型の新規供給が控える一方、ここ数年はまだ解消されない見通しです。

Reliableでは、大阪市にある一棟オフィスビルの売却をお手伝いしております。オフィスビルの需要が高まる今だからこそ、高い価格で売却できる可能性があります。大阪市で一棟オフィスビルを所有している、老朽化により放置している空きビルがあるという方は、ぜひReliableまでご相談ください。

大阪市で一棟オフィスビル・空きビルの売却を業者に相談するならReliableへ

大阪市でオフィスビルは不足している傾向があります。だからこそ好立地や築浅物件はもちろん、少し古い物件やアクセスしづらい場所にあるビルでも、売却できる可能性を秘めています。大阪市で不動産業者にビルの売却を相談するなら、Reliableまでお問い合わせください。

一棟オフィスビルをはじめ、収益物件の売却に取り組んでおります。大阪市で空きビルなどを所有している方は、お気軽にご相談ください。売却のお手伝いをさせていただきます。

大阪市で一棟オフィスビルの売却に関するご相談はReliableへ

社名 Reliable(リライアブル)株式会社
設立年月 平成18年10月
住所 〒540-0021 大阪府大阪市中央区大手通1丁目4−2 大手通第三ビル 3FMAP
TEL 06-6942-0088
FAX 06-6942-0098
E-MAIL info@reliable-e.co.jp
URL http://reliable-e.co.jp/
事業内容 不動産売買・仲介・住宅建築の企画、管理、賃貸・インターネットによる情報収集、提供
法人番号 6120001119012
免許番号 大阪府知事(3)第52726号